プログラマーは新卒の場合であっても、また中途における採用の場合であっても相応の条件が課されます。その条件に合致していない場合、求人する側は採用できないと判断する傾向にあり、合否以前に門前払いを受けてしまうこともしばしばあるとされています。逆に言えば、条件をクリアしていて相応の実績を残していて、かつ能力もあると見込まれた場合に於いては、採用されやすいということでもあるわけです。
採用されやすいわけには理由があります。プログラマーは一般的にはその納期が厳しく、またクライアント側からの修正などを指示されたりして激務になりがちです。期間設定がされている以上はその期間内で仕事を仕上げなければならず、必然的に激務になるということです。採用する側に於いては相応に能力があることを事前に確認しているわけですから、そのまま採用してすぐにでも即戦力として活躍してもらいたいと考えるのは自然なことでしょう。また、プログラマーの数が増えればそれだけ受注できる仕事も増加します。つまり、その数が増えれば仕事をより受注することで売り上げ増が見込めるというわけです。条件が合致すれば採用をすぐに決める傾向が強いのはこうした理由によるものです。なお、中途の場合は競合他社の採用には慎重になる傾向があるとされ、情報漏えいの関係で、特に大手企業であれば競合分野でプログラミングをしていないか確認の上で、採用の是非を判断することがあるとされます。

コメントを残す