プログラマーの仕事は、長期にわたってプログラムを書き続けなければなりません。仕様書通りになっているか、バグは無いか等、様々なチェックも続ける必要があるでしょう。システムエンジニア等の他のスタッフと相談をしなければならないですが、それ以外は基本的にパソコンのモニターとずっと睨み合う事になると思います。同じことを延々と繰り返さなければならない事もありますので、忍耐力も必要でしょう。ある意味では集中力があって、自分な好きな事ならば長時間やっても全く嫌にならない人に適正があると言えるのではないでしょうか。
ただ黙々と作業をやるにしてもその中で、様々なことを考えなければなりません。もっと作業の効率化が出来ないかどうかを模索しなければならないでしょう。そして思いついたのでしたら、実際にそれを実行するだけの積極性も必要になってきます。ある意味ではチャレンジ精神豊かな人は向いているかもしれません。さらに黙々と作業をしているにしても、何を求められているのか正確に理解をして、相手に伝える必要がであります。例えば他の技術者やシステムエンジニアと相談をしなければならないので、コミュニケーション能力は必要になって来るでしょう。プログラマーはずっとパソコンとだけ向き合っていれば良いという訳では無くて、様々な業務もしなければならないです。終わるまでは休まる暇が無いという意味では激務と言えますがやり甲斐はあります。

コメントを残す