プログラマーとして働く人に対しては、クライアントや職場から目標設定がなされます。どのようなプログラミングで何を盛り込んでシステム設計を行ってほしいのかなどの細かな要望の他にも、納期が厳しく設定されている場合が多々あり、最初に取り交わす契約ですでに決められていることが多いためです。また、その他にもシステム開発途中で様々な要求、要望がなされる場合があり、そのたびにシステムについて見直しであったり、あるいはデバッグなどを行う必要が生じるなど、ある意味クライアントに振り回されることが発生するかもしれません。
こうしたことからプログラマーは総じて激務であり、若い間はまだ無理ができるとしても、年齢を重ねてくるとそれも難しくなってきます。したがって、どこかで区切りを考える人もいればまだやれるとやりがいを求めて頑張り続ける人も大勢います。いずれにしても、クライアントからの様々な要望などを組み込んで、最終的に納品できた時の達成感は、プログラマーからすればやり遂げたという充実感でいっぱいになるでしょう。この達成感のために仕事を頑張ってきたという思いもある他にも、クライアントがその提供されたシステム等によって仕事などの業務が円滑に行ったとして、誉めてもらえるというのも達成感につながります。その後の修正要望なども続きますが、基本的にはそれほど大幅に手を加えることは少なく、とりあえず開発が終了すればそこで業務自体は達成となります。

コメントを残す