「プログラマーの仕事は激務だ」というのは既成の事実として認識されています。しかし、そのひとことで片付けるのは少々乱暴かもしれません。実際、企業によって内情は全く違っていて、中には残業がほとんどないIT企業も存在します。また、開発のスパンが長い企業では、プロジェクトの仕様が決まるまではほとんど仕事のない日が続くケースもあるのです。
とはいえ、実際に激務続きの企業があることも否定できません。もし、運悪くそんな企業に入社してしまったら、転職を考えるのもひとつの手です。そして、その際にはIT業界専用の転職サイトを利用するのがよいでしょう。無料で登録でき、しかも、専属のコンサルタントが転職先を探す手伝いをしてくれるので非常にお得です。もちろん、「なるべく残業が少ない企業」などという条件にも対応してくれますし、自分の得意なプログラミング言語でテストを行って実力に見合った企業を探してくれるなどというサービスも存在します。また、プログラマーをやめて、他の職業に就きたいという場合も転職サイトは強力な味方です。プログラマーの経歴を生かせる就職先をピックアップしてくれるでしょう。ただし、ひとつ気を付けてほしいのは、転職サイトのコンサルタントも本当に熱心な人からそうでもない人もいるので登録が一か所だけというのはリストが高いということです。まずは、複数の転職サイトに登録し、徐々に数を絞っていくのがよいでしょう。どちらにしても、プログラマーの激務から脱出したいという方はまずこちらのサイトを見てから考えてみて下さい。

コメントを残す